中絶に関するQ&A

中絶を決める期間は

妊娠をしてしまった場合、いったいいつまでに中絶をしてあげれば、母体に対しての影響は大きくならずにすむのでしょうか。中絶の手術の場合は、最低でも12週未満での中絶の手術を受けるといった必要性があります。妊娠していると気がつくのには、大体5週間くらいかかります。

ですので、妊娠がわかった時点ですでにタイムリミットは一ヶ月弱くらいになってしまっているということです。これは重要なところですので、覚えておくようにしましょう。

また、妊娠しているということがわかるのが遅ければ遅いほど、中絶するかどうかを思案する時間がなくなります。最悪、中絶手術そのものを受けることが出来なくなったりもします。中絶といったら大きなことですから、やはり少しでもゆっくり考えることが出来るようにしたいものです。

妊娠の可能性があるのなら、すぐにでも検査を受けてはっきりとさせましょう。そのときに子供を生むのか、中絶をするのかを考えるようにするといいのではないかと思います。

妊娠しているということがわかった時点では、生みたいと考える人が多いようなのですが、時間をおいて考えることで、やはり中絶に考えを改める人が多いといいます。これは、しっかりと自分の現状を見つめることが出来ているからだといえるでしょう。

とにかく、中絶はそんなに短い時間で決めることが出来るような問題ではありません。自分にとって、子供を生んで育てるということが出来るのか、ということを、たとえ短い時間でもしっかりと考えるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved