避妊について

避妊にかかる費用

避妊に対してはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。これについて調べてみました。まずは、男性用のコンドームですが、一回が50円から100円程度です。女性用のコンドームは、一回200円から300円程度で購入できます。

ピルについては、一月に薬代のみで2500円くらいです。それ以外にも診察料がかかってきます。ペッサリーは、病院での指導料込みで10000円程度です。これが本体だけだと数百円まで下がります。

そして、殺精子剤と呼ばれるものは、30円あから70円程度です。IDUというものは、平均して3年で交換するもので、40000円から60000円くらいです。オギノ式のは無料で貰うことができます。

パイプカットの手術は一度行うと永久的に効果が持続します。料金は50000円から数十万円と、幅が広いです。卵管結?も、一度行いと永久的に効果が持続します。こちらは20000円から150000円くらいです。膣外射精は、当然無料で行うことができます。

そして、モーニングアフターピルは、3000円から10000円程度になります。どうして料金がばらばらなのかといいますと、避妊を目的とした手術や手法については、保険が利きません。ですので、病院側が費用を決めることができるという慈悲診療であるからです。

これについて、少しでもお金を安く上げたければ、何件か病院を回ってみて比較してみるしかありませんね。それでも、やはり重要視すべきは腕前というのは忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved