避妊について

緊急避妊法

モーニングアフターピルといわれる、緊急避妊法をよく耳にすることがありますが、これはどういったものでしょう。モーニングアフターピルとは、緊急避妊薬として知られるプリベンと呼ばれるものや、中容量ピル、もしくは低用量ピルを一度に通常の4倍から8倍摂取する方法です。

これは、通常の摂取方法と比較してみて、多量の女性ホルモンを摂取することで、強制的に女性の状態を妊娠することのない状態まで持っていくものです。これは、通常ではありえない女性ホルモンの量を摂取しますので、女性の身体に対してかかる負担もおおく、吐き気、頭痛などといった副作用に悩まされることもあります。

モーニングアフターピルは、性交後72時間以内といわれています。これは、受精から着床までにかかる期間が7日間であり、それよりも前に生理を起こさせるための数値になります。

この時間は一応の目安にはなっていますが、研究結果によって120時間以内の服用であれば、ある程度の効果が期待できるとされてます。しかし24時間以内の服用ならば更に効果が高まったりするなど、早めに服用したほうが避妊効果は確実にあがりますので、出来るだけ早い摂取をすることが重要になります。

モーニングアフターピルを使用した場合における避妊成功率は2%程度といわれています。特性上は受精卵が着床した後では効果がありませんし、女性の体内周期の組み合わせが重要になってきます。

つまり、服用の時期や方法を間違えると効果はかなり薄くなってしまうといわれています。かかる費用については、購入する方法によってまちまちなのですが、数百円から数万円と幅が広いです。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved