避妊について

コンドーム

コンドームは、日本で最も身近で、この方法を使用している人は最も多いのではないかと思います。副作用もほとんどなくて、避妊効果も高いといえるでしょう。きちんとした方法で使用すれば、最も安全な避妊の方法だといえるでしょう。

材質は、ゴムやポリウレタンで出来ており、非常に薄いものです。最近は、技術が進歩したことによって0.02ミリといった薄さのものも出てきています。ただし、こういった薄いものに関しては耐久性の問題も議論されています。

仮に破けてしまっては、避妊具としての役割を果たすことは出来ません。コンドームの装着については、精器が直接触れることもなくなりますので、性病を予防することにも繋がります。

使用する際には、使用期限、そして装着の仕方も十分に注意してあげる必要があります。使用する際の注意点としては、破損がないかということを調べることです。コンドームは、非常に薄く作られているものが多いので、敗れやすいというのは事実です。

特に、最近登場した、薄いポリウレタンの商品は、ゴム製のものに比べて伸縮しにくくて硬いために、爪などでも破けてしまうことがあります。また、コンドームにはサイズがあって、それぞれに合った大きさのものを選んであげる必要があります。

コンドームの大きさが大きすぎたりすると、外れてしまう危険性が高くなり、小さければ破損する原因にもなってしまいます。そのほかには、保管方法などにも気をつけましょう。財布の中などではなく、ハードケースなどに入れておくといいでしょう。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved