まずはじめに

妊娠の検査法

妊娠を検査するには、妊娠検査薬を使うのが一般的です。妊娠検査薬は、薬局などにいけば入手することができます。妊娠検査薬の使用方法は、大体の場合キャップをはずしてから、その部分に尿を数秒間かけます。

妊娠検査薬での妊娠検査の仕組みは、女性が妊娠したときにのみ体内で作られる妊娠ホルモンが存在しているかどうかを検査する方法です。正しい方法での検査を行った場合には、その正確さはほぼ100%になります。

妊娠検査薬を使用する時期については、生理予定日から一週間以上経っても生理が来なかった場合ですね。一度検査をした上で、陰性であったとしても、生理が来ない場合には、一度期間をあけた上で、もう一度チェックをしてみたほうがいいと思われます。

女性が妊娠した場合には、ホルモンの働きによって、通常の月経周期とはまた違った形になります。hGCホルモンというのですが、これは黄体を更に発達させることで、黄体ホルモンの分泌を盛んにします。

また、卵胞ホルモンの分泌も上昇しますので、胸が張るといった変化も起こります。当然ですが、子宮内膜も剥がれ落ちてしまうことはありません。着床した受精卵は順調に成長していきます。hGCホルモンは、妊娠から11週でもっとも分泌が盛んになります。その後は、妊娠中であればそれほどの減少も見られず、常に分泌され続けます。

妊娠の検査については、検査薬と、つわり、胸が張るといった症状からも判断できるかと思います。どうしても気になるようならば、まずは婦人科にいくことをお勧めします。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved