まずはじめに

妊娠について

まずは妊娠についての知識を身に着けておきましょう。妊娠とは、男性と女性が性交を行うことで、精子と卵子が受精卵となり、それが女性の子宮に付着することで子供が出来ることです。

受精卵になるには、男性の精子と女性の卵子が必要になります。男性の場合は毎日精子が作られますが、女性は普通一月にひとつ、卵子が成熟して排出されます。この、女性の卵子が排出されることを排卵というのです。

女性は、大体28日周期で月経を繰り返して、月経と月経の間に排卵が起こります。これには多少のずれもあって、大体はストレスなどが原因で起こります。性交によって男性から出てきた精子は、女性の身体で卵子と結びつくためにあがってきます。

そして、卵子と結びついてはじめて受精卵になるわけです。月経は、受精卵が着床しなかった際に起こる現象で、受精卵が子宮に着床した場合には起きません。女性の月経の周期は、人によって変わってきますが、大体は28日周期になっています。月経の初日を月経周期の第一日目と考えた場合です。

月経周期第1日目から14日目の間で、卵胞ホルモンの分泌量が上昇して、卵胞は成熟卵胞へと変わっていきます。この成熟卵胞である期間を卵胞期といいます。また、この間は、女性の子宮内膜は卵胞ホルモンの働きによって増殖しています。卵胞が成熟すると、14日目あたりには排卵が起こります。

排卵が起こると、卵胞ホルモンの働きは低下して、黄体ホルモンの働きが盛んになっていきます。排卵後には、女性の身体は妊娠に備える身体になります。妊娠が起きなかった場合は、黄体ホルモンは減少して息、子宮内膜が剥がれ落ち月経になります。これが一月周期で起こっているわけです。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved