中絶について

注意点

中絶の手術を行うに当たっては、医師と相談することが第一になります。その後、意志から、人口妊娠中絶同意書というものを渡されますので、サインをする必要が出てきます。この用紙は、中絶する胎児の父親に当たる男性からのサインと捺印が必要になります。

そして、手術をする当日に病院に提出するようにします。もしもこれがなければ、手術は受けることができなくなりますので注意しましょう。また、手術の前日の準備についてですが、当然九時前後からの食事などは一切とってはいけません。水やタバコ、酒なども駄目です。これは健康診断の前日と似たようなものがあります。

それから、手術を受けるときにはすっぴんでしてもらうようにしてください。化粧がされていると、意思が手術中や手術後の顔色の変化がわからなくなってしまい、危険な状態を見逃すことがあるからです。

後は、ピアスなどのアクセサリーははずすようにしておきましょう。手術を受けるにあたっては、こういったことをしっかりと守ってあげることが大切になります。

特に、同意書に関しては、一人で勝手に判断をしていないという重要な証明のひとつになりますので、必ずサインをしてもらうようにしましょう。中絶をしようという場合は、大体が男性の経済状況に原因があるということですので、サイン自体は問題なくしてもらえるのではないかと思います。

後は、手術の日はどうしても不安になるでしょうから、同伴者を連れてくると少しは安心ができるのではないかと思います。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved