中絶について

中絶手術の後遺症

中絶とは、妊娠することによってホルモン分泌が活発になっている母体の状態を強制的に悪くしてしまうことを意味するものです。ですので、中絶手術を行った後はホルモンバランスの低下を招きます。

ですので、めまいや頭痛といった症状が出てしまうことは、必ずしも珍しいことではありません。また、中絶手術を行う過程において、頸管裂傷や子宮壁穿孔といった傷が残ることもありえます。

さらに、手術後は、卵管炎であったり、子宮内膜炎といった病気になりやすくなっています。そして、この手術そのものに不妊や流産といったものになる危険性もあるのです。精神的な面としては、やはり中絶そのものに対しての罪悪感に苦しむことになります。

結果としては男性不信に陥ったり、セックスすることそのものができなくなったり、仮にできても不感症になったりというケースも当然あります。ただ、中絶の手術をした人全てがこういった症状になってしまうわけではありません。

症状としてはひとつだけかもしれないし、外見的なものだったとしても、手術をおこなうことについて、多かれ少なかれ何らかの解決策を考えるようにしましょう。手術後の件に関しては、基本的にはさまざまなことが症状で現れるわけですが、症状一つ一つとっても、大きさが半端ではありません。

中絶の手術をした後には、どれだけのトラブルが発生するかというのはその人によって違ってきますので、その部分はしっかりと知っておくようにしましょう。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved