中絶について

手術費用について

中絶に対してかかる費用には保険は適用されません。ですから、手術費用は自費で払う必要性があります。ただし、診察に対しては保険の適用がなされます。本来は治療を目的とする医療については保険点数というものがあります。

これは、全国どこでも同じような数字なのですが、自費の場合は保険点数ではなく、慣例などに従って決定されます。ですから、同じ手術、薬であっても費用に差が出てきます。

大体の費用としては、薬による方法として、ミフェプリストンというものがあるのですが、これは大体10,000円程度です。日本では、個人の譲渡や売買が認められていないため、医師の処方の元、使用することになります。それから、初期の中絶手術についてですが、これは大体7万円から15万円程度になります。

12週以前の妊娠初期であれば、そこまでの費用はかからずに済みます。また、初産と経産でも費用の差は出てきます。それから、妊娠中期の手術についてです。この費用は大体20万円から30万円程度です。

12週を超えてしまうと、中絶の方法も出産と代わらないものになります。ですので、入院などが必要になってきます。それから、手術にかかる時間も長くなってきます。

その他の費用としては、妊娠検査には500円から1,000円程度、手術前の検査料金として3,000円から7,000円程度、エコーには2,000円程度、それから薬品代金として数百円程度がかかってきます。その他、いろいろなところで費用がかかってきます。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved