中絶について

手術による中絶

初期の中絶であれば、胎児はまだ小さいので比較的簡単な手術で行えるので、母体への負担はまだ少なくて済みます。方法としては手術前に、メトロイリンテルやラミナリアといったもので子宮の入り口を広げて、全身麻酔をかけた上でキュレットといった道具で子宮内から掻き出します。

それから、吸引機を使って残ったものを吸い取るようにします。時間としては、大体5分から15分程度で、手術後は数日間の安静と薬の摂取が必要になりますが、入院する必要はありません。

それから、妊娠中期になると、胎児の大きさがある程度になっているので、初期のような方法は行えません。分娩に近い方法をとることになりますので、母体への負担は通常の出産に近いものになります。

方法としては、初期と同じような方法で子宮口を広げます。これは、初期中絶の場合よりも大きく広げます。そして、プロスタグランジン製剤などを投与することで、人工的に、強制的に陣痛を誘発させて取り出して、その後子宮内容物除去術を行うようにします。

時間は、出産とどうようにかなりかかることになり、3日間から5日間くらい入院を行う必要が出てきます。それから、1週間以上は安静にしなければなりません。母体の負担は大きく、子宮破裂などの問題もあります。

手術を行うのにもっとも適した時期は妊娠6週から8週です。その理由としては、6週以前では子宮口が開きにくいため、逆に9週以降になると、胎児が大きくなっていくために、手術が難しくなっていくのです。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved