中絶について

件数や現状

日本における中絶の現状について少しお話させていただきます。日本における中絶の件数は、年間で約290000件ほどになっています。これは、年々減少の傾向にあるのですが、全体的な少子化の傾向にあることを考えてみると、人口比率においてはあまり減少していないのかもしれません。

ですが、この数は単純に見てみると非常に大きな件数であるといえるでしょう。世界的に見てみても、中絶の件数は年間で4500万件を超えています。そのうちの2000万件は、安全ではない方法での中絶が行われているとされています。

これは、実際のところ、数だけ見てみると、年間で4500万人もの命が不当になくされているというい事実が浮き彫りになります。

中絶の一般的なイメージとしては、まだ経済的にも十分ではない10代や20代といったところが行うイメージがあるのですが、実際には30代や40代での中絶も多いといいます。

ですから、妊娠した全ての女性が中絶をするかのうせいがあるということになります。10代の頃であれば、特に経済面であったり、精神的な余裕から、出産するよりも中絶を選ぶことが多く、妊娠したうちの半分以上は中絶を選んでいるということです。

妊娠をするということがどれくらい大きなことかということをわかっている人が少ないからこそ、このような数の中絶者が出ているということが考えられます。もっと、命の大切さというものを深く考えた上での中絶を選択してほしいものです。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved