中絶と避妊の基礎知識

考えるべきこと

中絶といったら、絶対にしたくないものだと思います。これはどういうことだといったら、生まれてくることが決定している命を自らの手で奪ってしまうということになるのですから。

これはもう、言ってしまえば殺人に近いものがあるのかもしれません。これがまだ流産なら救われる部分もあるのですが、これもまた中絶と同じく命が失われてしまうものですよね。中絶を避けようと思ったら、やはり望まない妊娠を避けないといけません。

それにはどうすればいいかといったら、やはり避妊を行ってあげるべきです。きっちりと意識をして避妊を行ってあげれば、望まない妊娠をすることはありませんし、それによる中絶をしなくてもいいわけです。

そもそも、中絶というのは、妊婦の身体に対して負担がかかりますし、下手をすると二度と子供を作れない身体になってしまう可能性もあるわけです。それに、中絶といってもやはり手術をするわけですから、当然のように費用がかかってきます。本来は中絶の手術などはする必要性はありませんよね。こういうところでも、やはり勿体ないことになるわけです。

こういった、中絶や避妊の知識については、女性はもちろんですが、どちらかというと男性にしっかりと身に着けてほしいものです。なぜなら、男性は子供を生むわけではないので、この苦しみを芯から理解することが不可能だからです。被害者と加害者にくくってしまうと、確実に加害者になるからです。

もしも中絶を体験させてしまったら、その女性に対しては取り返しのつかないことをさせてしまったことになりますし、一生消えない心の傷を負わせてしまったことになります。

ですので、中絶についての知識はもちろんのこと、避妊についての知識もしっかりと身につけてほしいと思い、このサイトを作成しました。このサイトを見てもらうことで、少しでも中絶という事態になることを防ぐことができるのを祈りたいと思います。是非とも最後まで目を通してあげてください。

スポンサードリンク

まずはじめに
妊娠について
妊娠の検査方法
中絶について
件数や現状
手術と供養
手術による中絶
手術費用について
術後の経過や影響
中絶が抱える危険性
中絶に関わる法律
中絶が可能な時期
中絶手術の後遺症
注意点
病院選び
薬による中絶
避妊について
コンドーム
その他の避妊方法
ピル
各種避妊方法の危険性
緊急避妊法
経済的な方法は
性病に関して
避妊にかかる費用
避妊手術
中絶に関するQ&A
産むことが正しいのか
中絶で子供が産めなくなるのか
中絶は若者だけの問題か
中絶を決める期間は
日本に中絶が多いのは
入院期間はどれくらいか
妊娠時の症状はどうなるのか
Copyright (C) 知っていてほしい 中絶と避妊 All Rights Reserved